ライフハック系特化の姉妹サイトもよろしくね!【クリック】

なんとなくわかれば、仕事はできる。

簿記・会計がわかると生きていける

まずは、「ざっくり簿記・会計」に来てくれてありがとう‼️めっちゃ嬉しいよ✨。

ここに来てくれたってことは「簿記・会計」の勉強をしているってことだと思うけど、マジで正解‼️良いセンスしてるね🍀。

簿記・会計の勉強をしていることは、今後生きていくための強力な武器になるよ❗️

簿記・会計の仕事はたくさんある

簿記・会計に関係する仕事をしている人は世の中にたくさんいるよね✨。

公認会計士、税理士、経理、経営企画、金融機関など、色々な仕事で簿記・会計が必要になるよ😊。

山田さん

なんで簿記・会計に関係のある仕事をしている人って多いの❓

それは、世の中に「会社」がいっぱいあって、少なくとも会社の数だけ簿記・会計の仕事があるんだ‼️。株式会社だけでも日本に200万社以上あるんだよ😳。

会社の中には簿記・会計を使って財務諸表を作る経理の人もいれば、会社の事業の計画を作る経営企画の人もいる💡。

経理の人が作った財務諸表をベースにして税務申告書を作ったりする税理士もいれば、財務諸表の適正性を判断する会計士もいる😃。

こうやって、たった1つの会社の簿記・会計の仕事に対してもいろんな人が登場してくるよね😋。

1つの会社の中だけでこんなに簿記・会計の仕事があって、さらに株式会社だけでも日本に200万社もあるなら、仕事はいくらでもあるってのはよくわかるよね😌。

専門性が武器になる

AIが普及すると経理や税理士・会計士の仕事がなくなるとかいわれているよね💦

確かに単純作業は減る運命にあると思うけど、簿記・会計がわかる人は生き残るから大丈夫だよ😌。

ビジネスの世界はイレギュラーだらけでなので「こうならば、こう」と簡単に整理することができないんだ。

これが、例えば在外子会社があったりとか複数の事業を経営している会社であったりとか、大規模で複雑になるほど細かい手作業の調整が必要になるよ。

一方で単純な会社であっても、世の中のほとんどの会社は中小企業でインフラも整ってないし、資料もキレイに残せないのでやっぱり手作業の調整が必要になるよ😁。

こんな感じで、なんだかんだ状況を理解し、判断する人は必要なので、AIが普及すればむしろ単純作業が減ってラッキーってレベルの話だね✨。

「なんとなく」が良い理由

会計基準を読んでみるとわかると思うけど、初心者にはめっちゃ難しくて全然読めないよ😱🔰

簿記・会計は専門性が高く、その結果が社会に与える影響も大きいので、会計基準は誤解が生まれないように慎重な表現で書かれているんだ😅。

だから、大学の授業でやるような学術的な簿記・会計をマジメに1ページ目からやっていくと、わかってしまえば簡単なことも難しく書いてあるせいでわからないとか、細かいことを色々覚えたけど、結局なんの話なのかわからないみたいなことになるんだよ💦。

そういう効率の悪い勉強をやっている学校が多いので、簿記・会計の挫折率は非常に高い(笑)。

簿記・会計の勉強方法はそうじゃない。

まずは、ざっくり勉強するのがベスト

簿記・会計はどの論点も機械的に決まっているのではなくて、それなりに一貫した理屈があるんだよ❗️🍀

会計基準の後ろの方にはご丁寧に「結論の背景」という、なんでこういう決まりにしたのかという理由が延々と書いてあって、そう決まった理由まで知ることができるんだ。

だから、本質さえざっくりわかってしまえばイメージを持って考えられるようになるんだ✨。これが、簿記・会計がわかる人への第一歩なんだよ😌。

つまり、この論点は「こういうベースの考え方があるんだな」というざっくりした理解さえあれば、「じゃあ、このパターンならこうなるかな?」みたいに基本的な考え方を派生させた判断ができるようになるし、全体感がわかっているので細かいところまで基準を読み込む余裕もできるよ😁。

「ざっくり」理解している論点が増えていくと、いつのまにか簿記・会計がわかる人になっているよ😆。